2012年03月06日 むし歯菌以外に、「酸」を意識したことありますか?

皆さんご存知のように、
むし歯菌の大好物は糖質です。

 

 

 

甘いものをひかえれば、
むし歯がまったくできないということにはなりませんが、
予防につながることは証明されています。
これは皆さんも納得していただけると思います。

 

 

 

 

 

では次に、

 

「糖質」とは別に、
歯にダメージをあたえる
「酸」の存在を意識したことはありますか?

 

 

 

「酸」とは主に、ビタミンCやクエン酸などで、
強酸性の成分が入っている飲食物によって摂取することになります。

 

 

ざっと、注意すべき「酸」の飲食物をあげますと、
以下のようなものがあります。
(※いわゆるpHが5.5より低い数字の飲食物。中性のミネラルウォーターは通常pH7。)

 

 

レモン、グレープフルーツなどの柑橘類。
コーラ、柑橘系の果汁の入ったチューハイ、ワイン。
クエン酸の入ったスポーツドリンクや黒酢ドリンク。
ドレッシングや、醤油。
等々がpH5以下の酸性が強いとされる、身近な飲食物です。
中には体に良いものとして摂取しているものが
数多くあります。

 

 

 

それでは、なぜ「酸」が歯に良くないのでしょうか!?

 

 

 

歯に良くない“理屈”を一度理解すれば、
容易に対処する事ができますので、
どうぞ耳を傾けてください!

 

 

 

まず、この「酸」を摂取した後は、
一時的に歯の表面のエナメル質が柔らかくなるという事を
どうぞ覚えておいてください。

 

 

ここで、
歯に危険を及ぼす二つのケースがあります。

 

 

一つ目は、
「酸」を摂取した後、そのまま寝てしまう事。
これは当然、口の中の酸や糖分をそのまま放置しているので、
歯によくない事のフルコースです。
歯科医師としましては、言語道断!問題外とさせていただきます!

 

さて、
二つ目がなるほど!と感じるのですが、
「酸」を摂取した直後に強く歯を磨く事です。
先ほどお伝えしたように、「酸」を摂取した後は、
歯の表面のエナメル質が柔らかくなっています。
このタイミングで強く歯を磨くと
わずかではありますが、エナメル質が削り取られることになります。

 

こういった「酸」の悪い面を意識できないでいると、
「酸蝕歯(症)」になる
おそれがあるのです。

 

 

「酸蝕歯(症)」とは、
酸性の食べ物や飲み物(すっぱいもの)を食べることで
「歯が溶けてしまった」「将来溶けてしまいそう」
という歯のことをいいます。

 

 

 

もう少しだけ専門的に説明しますと、

 

 

 

人の歯は、歯の成分のミネラル分が溶け出す「脱灰」と、
唾液(だえき)が修復する「再石灰化」を繰り返して
現状の歯を維持しています。
「酸蝕歯(症)」の状態とは、
飲食物に含まれる「酸」が脱灰を起こし、
再石灰とのサイクルが崩れ
ミネラル分が溶け出した状態が続いている状態です。

 

 

 

兆候としましては、
熱い、冷たい飲み物がしみるようになったり、
歯の表面が光沢を帯びたり、
内側の象牙質が透けて見えるため
歯が黄色くなったりします。

 

 

ではでは、
「酸蝕歯(症)」の進行を防ぐには!?

 

 

もうお分かりですね!?

 

 

酸性の飲み物や食べ物を
口の中に必要以上に長時間ためずにのみ込む!
飲食後は、水やお茶で口をすすぐ!
強い「酸」を摂取した後の歯磨きは30分ほど待ってから!
(すぐに歯磨きをすると、軟らかくなった歯が削れてしまうので、
唾液によって歯の再石灰化が進み、酸が中和されるのを待とう。 )
といった感じです。

 

 

 

いちいち考えたくないという方は、
飲食したら、とにかく早めに口をゆすぐ!
と決めてしまうのが理想的です。
食後にお茶を定番んする!でもいいですね。
(その後、歯磨きのタイミングや度合いを考慮してください。)

 

 

 

「酸」を意識できるようになれば、
容易に対処できるものです。
あなたにとって好きな「酸」の数々と
上手につきあって下さい。

 

 

 

 

 

最後に、
赤ちゃんに対しても「酸」を意識してあげてくださいね。

 

福井でインプラント

 

赤ちゃんの生えたての乳歯は柔らかく、酸性の飲み物にとても弱いです。

 

欲しがるたびに哺乳瓶やマグで果物のジュースを飲ませていると、
「酸蝕歯(症)」のリスクが大変高くなります。

 

 

ぐずるときに飲ませ、そのまま寝てしまうと、
睡眠中は唾液量が減るので、口の中に酸が長く留まってしまいます。

 

 

大変な育児の最中といえども、
「酸」を意識して、酸性の飲み物を与えた後には、
お茶や、水を飲まして中和する事を習慣にして下さいね!

 

 

 

ではでは。

 

関連ページ

2012年12月19日 「おおきなけじめ」をつける前に、「ちいなさけじめ」の歯磨きを!?
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。「おおきなけじめ」をつけるはめにならないように、日々「ちいさなけじめ」としてのお口のケアを 見直してみてはいかがでしょうか?
2012年12月13日 2012年の高橋歯科医院 ★プチ総括★
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。「痛いから治す」という思考 から予防という思考へ、現代人の歯の意識が変わりつつあるのではないでしょうか。こういった全体的な意識の改善を感じると、この時代の歯科医師になった醍醐味みたいなものを感じてしまいます。
2012年11月21日 ホワイトニングを始めるタイミング。 for 【年末〜2013】
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。前回1月に掲載した「ホワイトニングを始めるタイミング」でしたが、成人式ぎりぎりの掲載でしたので、今回は自責の念を込めまして、早めの紹介とさせていただきます!
2012年11月07日 縄文時代から現代まで〜〜〜「むし歯の歴史」〜〜〜を読んでの感想。【後編】
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。今回も、前回にひきつづき福井県立図書館でみつけた「むし歯の歴史」を読んでの感想です。
2012年10月23日 縄文時代から現代まで〜〜〜「むし歯の歴史」〜〜〜を読んでの感想。【前編】
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。読書の秋ということで福井県立図書館に訪れてみると、「むし歯」について興味深い本をみつけたので紹介します!その名も「むし歯の歴史」。
2012年10月05日 季節の変わり目、まずは睡眠を!
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。しっかり睡眠をとって歯みがきをしていても、まだ「歯が浮いている」感じのあなた!!!おどすつもりはないですが、深刻な歯周病であったり、更には糖尿病であったりする可能性が高そうです。
2012年09月20日 「テーマパーク8020ハチマルニマル」へ行こう!
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。「8020(ハチマルニイマル)運動」とは、1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
2012年09月14日 ズバリ!インプラントをはじめるきっかけ
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。今回は、「インプラントをはじめるきっかけについて」いくつか例をあげたいと思います。一番多いのは入れ歯のわずらわしさから。
2012年08月23日 常にアップデートされる、当医院のインプラント治療システム。
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。さてさて、本日は当医のインプラント治療に、もはやかかせない!インプラント術前シミュレーションソフト「SimPlant(シムプラント)」の紹介です。
2012年08月13日 海外で歯科診療を受けるなら、海外療養費給付制度を知っておこう!
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。今回は、特に観客席の方が気になりまして、、、海外旅行に行った時にむし歯が痛くなったり、現地で治療しなくてはいけなくなったらどうしたらよいか?といった事に着目してみようとと思いました。
2012年07月20日 ようこそ高橋歯科医院へ! 福井駅からの道のりと周辺紹介 (後編)
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。前回にひきつづき、高橋歯科医院周辺を紹介します。※前回ページはこちら。http://www.dental-t.jp/article/14469968.html
2012年07月20日 ようこそ高橋歯科医院へ! 福井駅からの道のりと周辺紹介 (前編)
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。今回は、二回にわたって福井駅から当医院への道のりと、医院周辺の紹介をしたいと思います。前編では福井駅(西口)からの道のりです!
2012年06月22日 「体に優しく、美しい。」進化を続ける審美治療アイテム
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。今回はこの歯の美しさをお助けする「審美歯科」にて使用される、歯の美しさをお助けするアイテムを具体的にお伝えしたいと思います。ポイントはセラミックを使用した「ノンメタル治療」!
2012年06月18日 サッカーワールドカップ予選スタート!応援するなら審美歯科にいってから!?
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。選手の歯。そして、時折アップになって映し出される、サポーターの面々の口元などなど。お国がらによって、歯に対する考え方はそれぞれですのでどうしても、そういった観点から見てしまうわけです。
2012年05月21日 口臭と歯周病の密接な関係。
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。口臭(他臭症)の原因のNo1は歯周病・歯槽膿漏という事実をご存知でしょうか?「糖尿病」などの病気が原因で起きる場合もありますが、歯周病・歯槽膿漏が原因な場合が多いようです。
2012年05月09日 「歯をできるだけ残したい」
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。誰もが、その生涯を終えるまで、「できるだけ自分の歯を残したい」とお考えでしょう。しかしながら、「歯をできるだけ残したい」という願望は、いつ強く感じるのかな??なんて考えていました。
2012年04月20日 「親知らず」あれこれ。
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。今回は親知らずについてのお話です。親知らずは別名「第3大臼歯(きゅうし)」といい、高校生ぐらいから20歳前後に出てくる最後の歯です。人によっては生えてこない場合もある歯です。
2012年04月06日 歯科医院の手術室について
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。本日は歯科医院の手術室はどんな時に使うのか?また、その有用性をお話したいと思います。
2012年03月16日 ホワイトニングのスケジューリング。
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。「ホワイトニングしよう!」と決めた後、実際にホワイトニングをした時の日程をリアルに感じて頂ければと、仮にAさんという女性を例に、お話したいと思います。
2012年02月16日 歯科医師になるには。
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。歯科医師になるには、まず「歯科医師免許」をとらなくてはなりません。まず、全国に29校ある大学の歯学部を卒業して頂く事が必要です。医学部と同じ6年間の過程です。そして、歯科医師国家試験に合格すれば、患者様の歯などを治療できる「歯医者」さんになります。
2012年01月31日 インプラントの意外な喜び。
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。本日は「インプラントの意外な喜び」という事でお伝えしたいと思います。インプラントというと、入れ歯や、さし歯、ブリッジなどの不自由さから開放されたいといった想いで移行される方も多いと思われます。
2012年01月10日 ホワイトニングを始めるタイミング。
福井駅前で35年のインプラント実績、高橋歯科医院のブログ。この激動の世の中で、自分の容姿に気を配れる余裕は、自分の能力を後押しするための最大のポイントになります。ホワイトニングで歯を白くしたり、歯並びを整えたりする事は、ダイヤの指輪や、一流の時計を買う事以上に価値のある事です。

トップ インプラント 審美 アクセス