一本欠損の場合

福井でインプラント

一本欠損の場合

セラミック
クラウン・ブリッジ

 

 

審美歯科 一本欠損の場合 セラミック クラウン・ブリッジ

 

虫歯の進行具合によっては被せ物やブリッジによる治療となります。セラミックを使用することで、金属や歯科用プラスチックでは得られない透明感のある白い歯の輝きを取り戻すことができます。

 

●参考ページ
審美歯科 一本欠損の場合 治療前と治療後

 

 

●参考ページ
福井でインプラント

 

 

NEXT| セラミックによる審美治療とは→

インレー詰め物の場合→

一本欠損の場合→

不変の美しさ→

 

 

 

関連ページ

口元のバランスを考える 「審美歯科」
福井駅前の高橋歯科。審美歯科では顔や口元のバランスを考えながらいろいろな治療法を用いて、歯並びを変えたり歯を白くしたりして、総合的に審美を回復させます。
セラミックによる自然さ
天然の歯の色に近い透明感ある仕上がりセラミックによる高橋歯科の審美治療。虫歯の治療跡、歯が抜けた箇所の治療、美しさを保つ治療など全てのお悩みを解決します。
詰め物も進化しています
インレー(詰め物)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより、治療カ所が目立たず、非常に健康的に見えます。
美しいファインセラミック
保険適用の硬質レジンも優れた材料ですが、吸 水性があるため、使用期間中に臭いがついたり、 変色することは避けられません。セラミックは吸水 性がない為、臭いも変色もなく美しさを保ちます。

トップ インプラント 審美 アクセス