予防歯科

予防歯科

 

予防歯科とはむし歯や歯周病の予防を目的とした専門外来のことです。最近では、病気の進行程度に応じた処置も含め、各段階から健康な状態に戻そうとする全ての行為を指します。

 

病気の発見だけではなく、一生自分の歯で噛み健康で快適な生活を送るための根本的医療の入口です。

 

普段から定期的にお口の健康を守り、また増進するための積極的な医療でもあります。

 

もっとも効果的な治療は、病気を原因から正すことです。特に歯の病気は、いったんなってしまうと決して元どおりには治せません。また病気になると、歯一本だけでなく心身の健康をも含めた大切なものまで失い、ひどく後悔することにもなりかねません。

 

それを思うと、現在のお口の健康を失わないように守り通すことは非常に高い価値があります。
まずはお口から全身を診ることが大切です。

 

 

PMCTで虫歯と歯周病の予防を

 

 

むし歯・歯周病はプラークが原因で引き起こされる病気ですが、最近では歯の表面に付着し成熟したプラークは『細菌バイオフィルム』であることがわかってきました。
『細菌バイオフィルム』とは『たくさんの種類の細菌が集まり、集落を作り、共存している状態』をいいます。

 

バイオフィルムは細菌が分泌する多糖体に守られ強力に歯に付着するため、ブラッシングではなかなか取り除くことが出来ません。

このバイオフィルムを取り除く手段としてはプロのクリーニングという方法が非常に効果的です。
それが歯科医院で行う歯を健康に保つための予防プログラムであるPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)なのです。

 

歯ブラシだけでは磨ききれない部位のバイオフィルムを、専用の器具を使って徹底的に除去して、虫歯や歯周病・歯の着色を防ぎます。

 

PMTCを行うと、歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりでなく、プラークに含まれる雑 菌を落とすことによるむし歯・歯周病予防の効果があります。歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。

 

 

 

 

 

目からウロコのミニコラム

 

むし歯菌以外に、
「酸」を意識したことありますか?

 

皆さんご存知のように、むし歯菌の大好物は糖質です。
甘いものをひかえれば、むし歯がまったくできないということにはなりませんが、予防につながることは証明されています。これは皆さんも納得していただけると思います。

 

では次に、「糖質」とは別に、歯にダメージをあたえる 「酸」の存在を意識したことはありますか?

 

「酸」とは主に、ビタミンCやクエン酸などで、強酸性の成分が入っている飲食物によって摂取することになります。
ざっと、注意すべき「酸」の飲食物をあげますと、以下のようなものがあります。(※いわゆるpHが5.5より低い数字の飲食物。中性のミネラルウォーターは通常pH7。)

 

レモン、グレープフルーツなどの柑橘類。
コーラ、柑橘系の果汁の入ったチューハイ、ワイン。
クエン酸の入ったスポーツドリンクや黒酢ドリンク。
ドレッシングや、醤油。

 

等々がpH5以下の酸性が強いとされる、身近な飲食物です。 中には体に良いものとして摂取しているものが 数多くあります。
それでは、なぜ「酸」が歯に良くないのでしょうか!? 歯に良くない“理屈”を一度理解すれば、 容易に対処する事ができますので、どうぞ耳を傾けてください!

 

まず、この「酸」を摂取した後は、一時的に歯の表面のエナメル質が柔らかくなるという事をどうぞ覚えておいてください。

 

ここで、 歯に危険を及ぼす二つのケースがあります。
一つ目は、「酸」を摂取した後、そのまま寝てしまう事。 これは当然、口の中の酸や糖分をそのまま放置しているので、 歯によくない事のフルコースです。 歯科医師としましては、言語道断!問題外とさせていただきます!
さて、 二つ目がなるほど!と感じるのですが、 「酸」を摂取した直後に強く歯を磨く事です。 先ほどお伝えしたように、「酸」を摂取した後は、 歯の表面のエナメル質が柔らかくなっています。 このタイミングで強く歯を磨くと わずかではありますが、エナメル質が削り取られることになります。

 

こういった「酸」の悪い面を意識できないでいると、「酸蝕歯(症)」になる おそれがあるのです。

 

「酸蝕歯(症)」とは、 酸性の食べ物や飲み物(すっぱいもの)を食べることで 「歯が溶けてしまった」「将来溶けてしまいそう」 という歯のことをいいます。

 

もう少しだけ専門的に説明しますと、 人の歯は、歯の成分のミネラル分が溶け出す「脱灰」と、 唾液(だえき)が修復する「再石灰化」を繰り返して 現状の歯を維持しています。 「酸蝕歯(症)」の状態とは、 飲食物に含まれる「酸」が脱灰を起こし、 再石灰とのサイクルが崩れ ミネラル分が溶け出した状態が続いている状態です。 兆候としましては、 熱い、冷たい飲み物がしみるようになったり、 歯の表面が光沢を帯びたり、 内側の象牙質が透けて見えるため 歯が黄色くなったりします。

 

ではでは、 「酸蝕歯(症)」の進行を防ぐには!?

 

もうお分かりですね!? 酸性の飲み物や食べ物を 口の中に必要以上に長時間ためずにのみ込む! 飲食後は、水やお茶で口をすすぐ! 強い「酸」を摂取した後の歯磨きは30分ほど待ってから! (すぐに歯磨きをすると、軟らかくなった歯が削れてしまうので、 唾液によって歯の再石灰化が進み、酸が中和されるのを待とう。 ) といった感じです。

 

いちいち考えたくないという方は、 飲食したら、とにかく早めに口をゆすぐ! と決めてしまうのが理想的です。 食後にお茶を定番んする!でもいいですね。 (その後、歯磨きのタイミングや度合いを考慮してください。)

 

「酸」を意識できるようになれば、 容易に対処できるものです。 あなたにとって好きな「酸」の数々と 上手につきあって下さい。

 

最後に、 赤ちゃんに対しても「酸」を意識してあげてくださいね。

赤ちゃんと酸のイラスト

スケーラー赤ちゃんの生えたての乳歯は柔らかく、酸性の飲み物にとても弱いです。 欲しがるたびに哺乳瓶やマグで果物のジュースを飲ませていると、 「酸蝕歯(症)」のリスクが大変高くなります。ぐずるときに飲ませ、そのまま寝てしまうと、 睡眠中は唾液量が減るので、口の中に酸が長く留まってしまいます。

 

大変な育児の最中といえども、「酸」を意識して、酸性の飲み物を与えた後には、 お茶や、水を飲まして中和する事を習慣にして下さいね!

 

以上、虫歯菌以外にも、歯の大敵となるものを知っていただければ幸いです。


トップ インプラント 審美 アクセス