小児治療

小児歯科

 

永久歯の基盤となる子供の歯の診療を専門的に行います。子供の歯の場合、最良の治療はご両親の協力によって可能になります。食生活から歯磨きの方法など、乳歯列期からの健康管理のサポートを行っております。

 

フッ素による虫歯予防

 

フッ素塗布

フッ素を塗って歯質を強化し虫歯を作りにくい口腔内の環境をつくります。

 

フッ化物洗口法

フッ素の水溶液を口に含みうがいする方法です。家庭で行える安価な方法です。
うがいのできない低年齢児には、フッ素配合のジェルでブラッシングする方法もあります。

 

フッ化物歯面塗布法

歯科医院(歯科医師、歯科衛生士)にて、歯面に直接高濃度のフッ化物溶液を塗布する方法です。
通常のう蝕(虫歯)感受性の方は年2回行い、虫歯になりやすい人は適宜塗布回数を増やします。

 

レーザーによる初期う蝕(むし歯)の予防

歯質も強化、殺菌効果が期待できます。むし歯になりやすい箇所にレーザーを照射すると、瞬時にエナメル質の融解と凝固が起こることによって歯の耐酸性が向上し、虫歯になりにくくなります。

 

シーラント

シーラントとは、奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
乳歯や生えたての永久歯は多孔性で石灰化が未熟なため、虫歯になりやすいので、適正な年齢や時期に行うと虫歯の抑制には効果的です。

 

あらかじめ虫歯になりやすい奥歯の溝を、接着力のあるプラスチック(虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジン)で埋め込んでその部分を虫歯予防しようというものであり、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。初期の虫歯の進行を抑制する効果も期待できす。

 


トップ インプラント 審美 アクセス