歯周病

福井でインプラント

 

ひとことで、「歯周病」といってもさまざまなタイプがあります。 ここでは代表的な病名を挙げてご説明いたします。

 

歯周病について

 

歯肉炎

歯肉片縁に付着した歯垢(プラーク=細菌の集合体)により,歯肉に炎症が起こった状態です。
一般的な歯肉炎のほか、妊娠中に発生する妊娠性歯肉炎,高血圧治療薬,てんかん治療薬を服用している人に見られる薬物性の歯肉炎などさまざまなタイプが認められます。

 

成人性歯周炎

もっとも多いタイプの歯周炎で、30代から始まり比較的ゆっくりと進行します。初期にはほとんど症状がなく、ブラッシング時の歯肉出血がある程度ですが、進行するにしたがって、歯肉が腫れ、膿がでたり歯がぐらついて抜けてしまうことがあります。早期発見が大事で、適切な治療により回復します。慢性辺縁性歯周炎とも言います。

 

早期発症型歯周炎

成人性歯周炎と異なり、35歳未満で発症し急速に進行するのが特徴です。

 

思春期前歯周炎

広汎型と限局型に分けられ、広汎型は乳歯が生えた後まもなく発症し、永久歯を支える組織が広範囲かつ急速に破壊され、最後には歯が抜けてしまいます。限局型は乳歯の一部に起こりゆっくりと進行します。遺伝的素因が強く女性に多くみられます。

 

若年性歯周炎

健康な10代から20代前半の若年者におこる歯周炎。成人性歯周炎と比較してプラークコントロールは良好ですが、エックス線所見として第一第大臼歯と前歯の骨吸収が特徴です。原因としては遺伝的問題や免疫機能、特に白血球機能低下と特殊な細菌Aaによる感染が考えられます。

 

急速進行性歯周炎

20代前半から30代半ばにおこる歯周炎で、歯周組織の破壊が急激で症状が急速に進行します。

 

難治性歯周炎

治療あらゆる歯周治療を徹底的に行っても改善がみられず、再発してしまいなかなか治療効果が得られない歯周炎です。症例数としてはそんなに多くありません。

 

歯周治療の重要性

歯科の二大疾患は齲蝕(虫歯)と歯周病です。高齢者が歯を失い義歯(入歯)が必要になるのも主に歯周病で歯を失うからです。ですから歯周病を予防,治療することにより,一生自分の歯で食事をとることが可能になります。

 

 

歯周病を防ぐには

歯周病を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

 

歯周病の原因は口の中に住んでいる細菌です。どんなに清潔にしている人でも、体の表面や胃腸など消化管の中には無数の細菌が生息しています。
口の中も同じことで、500種類くらいの細菌が住んでいるといわれています。これらの細菌は、通常の状態では体に害を及ぼすものではありません。
粘膜の表面や唾液の中にバラバラで存在する時は、全身的な病気を起こすバイキンとは異なり病気を引き起こすものではないのです。
しかし、口の中には「歯」が生えています。歯の表面は硬く、歯肉や皮膚のように生きているわけではないので、細菌が付着しやすい条件になっているのです。
そのため歯の表面には多くの種類の細菌が付着し、細菌の塊を作ります。
鏡を見て、歯の表面、特に歯と歯の間や歯の裏側などを爪の先でこすってみてください。白く柔かい垢のようなものが付いてくれば、これが『歯垢』です。
針の先くらいの歯垢は、数億の細菌の塊です。

 

歯周病の予防策として、細菌を除去するという観点では歯ブラシによる清掃は効果があります。
しかし、歯と歯肉の境界部および歯と歯の間の構造は複雑であり、それらの部位に停滞したプラークを完全に無くすのはほぼ不可能であることから、半年から一年に一度の歯科医による専門的な口腔清掃も平行して取り入れるならば、毎日のブラッシングよって極めて高い確率で防ぐことができます。歯ブラシ以外にも、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助用具を使用することでさらに効果を上げることができます。
このような補助用具を用いて口腔内の清掃を行う場合にも、歯科医あるいは歯科衛生士の指導を受けるのが望ましいでしょう。
いずれにしても個人に適した口腔内の清掃方法を見つけることが肝心です。

 

 

歯周病治療

歯周病はどのように治療すればよいのでしょうか。

 

治療の基本は、原因となっているプラークを取り除く『プラークコントロール』です。
歯と歯の間は歯間ブラシ、もっと狭い隙間はデンタルフロスなどを補助器具として使います。歯みがきで取れない歯石は歯科医院で専用の器具や器械を使って除去します。

 

超音波歯石除去機器

重症になると外科手術が必要になることもあります。歯みがきの習慣と規則正しい生活が歯周病を予防してくれます。食べたらみがくという習慣をつけることです。

 

ポイントは正しいブラッシングでプラークを取り除き歯周ポケットをつくらないことです。
また、不規則な食生活、偏食、喫煙などの生活習慣を改善することで抵抗力が高まり歯周病の悪化を防ぐことができます。

 

 

 


トップ インプラント 審美 アクセス