ホワイトニング
WHITENING

bt_04.png
title_04.jpg
QA_Q.jpg

ホワイトニングを行うと、どの程度白くなりますか?

QA_A.jpg

白さを追求するのがホワイトニングですので、もちろん白くはなります。しかし、ご希望の白さまで必ず改善できるという保証はありません。なぜならば、生体にダメージを与えないよう安全にホワイトニングするには限界があるからです。

QA_Q.jpg

ホワイトニングの効果は永続しますか?

QA_A.jpg

ホワイトニングの効果は永久ではありません。時間の経過と共に、再び歯の白さは失われていきます。特に初めてホワイトニングを行う方はその傾向が強いです。半年~1年ごとの再ホワイトニングや、定期的にPMTC(クリーニング)を受けることで白さの維持が可能となります。

QA_Q.jpg

どんな人も使えますか?

QA_A.jpg

はい。ほとんどの人が可能です。ただし、歯の状況により効果でなかったり、薬材を使用するために妊娠中・授乳期の女性やお子様、重度の歯肉炎や歯周炎をお持ちの患者様はご利用いただけません。

QA_Q.jpg

歯を傷つけたりしませんか?

QA_A.jpg

ポリリンプラチナホワイトニングは歯を傷つけるものではありません。それどころか歯の表面もコーティングされ歯質が強化されます。

QA_Q.jpg

歯石やヤニが裏側についているのですが大丈夫?

QA_A.jpg

ホワイトニングは歯の表面に処置しますので、表面にたくさん歯石が付いていなければ施術は可能ですし、当院で歯石やヤニ取りを行う施術も行っております。カウンセリング時に詳しくご案内いたします。

QA_Q.jpg

差し歯がありますが、ホワイトニングできますか?

QA_A.jpg

ホワイトニングでは差し歯のお色は変わりませんが、それ以外のご自身の歯の部分はホワイトニング可能です。どうぞご相談ください。

※以下の方はご注意ください

●妊娠および授乳中の女性、無カラターゼ症(過酸化水素を分解する酵索をもたない)の方には適用できません。
●お子様は、10~14才以上であればブリーチングは可能です。
●虫歯や歯周病の酷い方は、ホワイトニング前に治療が必要です。

wh_mid_kabakun.jpg